回答

2011/06/15 20:22
アカツキさん

▼回答コメント
そんな感じです。リスクは当然負いますが、相手の選択肢を潰し、ミスを誘発し、「DFとOFの境界をなくして」得点に繋げる。

ちなみにランガンは五線とは限りません。前述したように、例えばかなり上で取ってしまえば他を待ったりしなくてもいいわけです。
「その状況下で何がベストか?」
これが大事ですよ。
セカンダリー、アーリー、五線などは「ベター」であり、その中でもより良い選択をしているにすぎません。最善の選択肢が無いために、それでも対応する為に身に付けるものです。

お返事する(質問者のみ)
質問に戻る

【姉妹サイト】もっと強くなれ!
バスケスキルアップサイト「バスケモバイル」


質問掲示板トップ
最新の質問

サイト内検索


ホーム
マイページ
メンバー登録
お友達に教える
Copyright(c)2009
Outnumber inc.